top of page
  • 執筆者の写真Goldilocks Playroom

練習と演奏の違いについて

 

信じられないかもしれませんが楽器を始めたばかりの方の多くは、「練習」と「演奏」の違いを誤解していることがよくあります。多くの人は、好きな曲に合わせてカッコよくリフを弾いたり、楽器の周りで手を動かしたりすることを練習する事だと思っています。そして、ある一定の時間演奏することで、楽器練習の目的を達したと思い込んでいます。


楽器練習のやり方/高田馬場音楽スタジオ
Goldilocks Playroomの音楽ブログ

楽器演奏者にとって、練習と演奏を区別することは理論的には当然ですが実際のところ、初心者は練習と演奏の違いについてよく理解していないことが多いようです。


楽器の練習とは、学んだ後に楽器のスキルを次のレベルに伸ばすために取り組むもので、身体的な練習と精神的な練習の両方があります。


楽器の演奏とは定義上、あるアイデア、信念、方法を実際に行動、または用いることであり、そのような行動に関する理論とは対照的です。これは、熟練度を向上、維持するためにパフォーミング (アクティビティ) またはエクササイズ(スキル) を繰り返したり、定期的に実行することです。


例えば、あるギタリストが120bpmでリックをミスなくスムーズに演奏する方法をすでに知っていて、そのリックを150bpmで演奏することを目標としている場合、同じリックを毎日120bpmで演奏しても150bpmで演奏するという目標を達成することはできないでしょう。この場合の最善策は、さまざまなスピードのバリエーションを練習することによって、スピードアップに取り組むことです。最初に達成することが重要なのではなく、バリエーション練習を習慣にすることが大切です。ギターの芸術性と真の理解をマスターできれば、遅かれ早かれギターはあなたの体の一部になるでしょう。



練習はバリエーションが重要です。同じことを何度も繰り返しても得られるのは同じ結果です。しかし、あなたは上達したいはずです。繰り返すことが重要ではないと言っている訳ではなく、繰り返すことは自信と熟練度を高めるのに役立ちます。その結果、楽器を自然に演奏出来るようなります。繰り返しますが、注意しておきたいのは練習することと演奏することは別ものだということです。どちらも有用で、正しく行う事で大きな成功に繋がります。以下に練習と演奏のセッションを最大限に活用するために、自身に問いかけるべき核となる質問をいくつか挙げておきます。


練習

1. 楽器演奏の目標を達成したいのはいつですか?どのようなスキルを身に付けたいですか?それは身体的、精神的のどちらのテクニックですか?

2. あなたの時間枠はどのくらいですか?

3. 具体的にどんなトピックを学びたいですか?

4. 起こりえる課題やミスは何ですか?

5. どんな障害があって、どうやって克服したいですか?


演奏

1.あなたの楽器をスムーズに演奏する方法を知っていますか?

2.全てコントロールできていますか?

3.楽器を触っているどの瞬間も楽しめていますか?

4.これまでに学んだ全ての事を復習していますか?

5.楽器を通してあなたの気持ちをどのくらい表現できていますか?


楽器演奏の成果は、量ではなく質から生まれます。楽器を演奏することと、楽器の練習をすることの違いを区別することが重要です。また、楽器と過ごす全ての時間を貴重なものにするために、自分自身に難しい質問をすることも同様に重要です。


楽器に集中できる練習場所をお探しなら、必要な機材をすべて揃えた防音室と、寛げるリビングルームの雰囲気で、あなたの練習セッションをサポートします。初心者の方、趣味の方からヴィルトゥオーソの方まで幅広くご利用いただけます。


To Your Music Journey!


Goldilocks Playroom

是非ご来店ください。www.goldilocksplayroom.com


最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page