top of page
  • 執筆者の写真Goldilocks Playroom

プロダクションテクニックのひとつ”サンプリング”

 

今回はHIPHOPのカルチャーや歴史ではなく、個人的に好きな部分についてお話します。

(知りたい方は検索すれば沢山記事が出てくるので、そちらを読んでくださいね。)


私がHIPHOPにハマったキッカケの一つが「サンプリング」です。

「サンプリング」は簡潔に言うと、過去の楽曲の一部を取り入れて、新しい音楽を作ることで、HIPHOPミュージックの基礎となるものです。

リスペクトしているリズムやメロディを新しいサウンドや構成を取り入れることで、楽曲に深みや豊かさを生み出し、新しい世代に古い曲の魅力を伝え、オールドソングの美しさを現代的なサウンドに変えることも出来ます。

このサンプリングテクニックは、音楽制作の手法として広く使用され、多くのアーティストやプロデューサーに長く愛されています。


HIPHOP好きなら絶対に聴いたことがある、この名曲


この曲の元ネタは全く雰囲気の違うこちら、The Edge / David McCallum

The Next Episodeの一部はこの曲から引用し、ミックス&マッチで新しく構成されたカッコイイ曲です。どうですか?両者共にカッコイイ!

Dr. Dreのサンプリングテクニックはとてもクリエイティブ。


HIPHOP, Dre, Beats, レコード, R&B,

現在では、インターネットから音楽などの音源をダウンロードし、サンプラーやプラグインに入れるだけでサンプリングができるようになり、とても便利になりました。

しかし、かつてのDJやアーティストは、ターンテーブルやハードウェア・シンセサイザーを使い、膨大な数のレコードコレクションを駆使してサンプリングを行い、クラシックでユニークなサウンドを音楽制作に取り入れていました。


古典的なサンプリングテクニックを多用していた90〜2000年代のHIPHOPが大好きな私が、今でも聴いてテンションが上がる「元ネタが同じ曲」をいくつか、ご紹介します。


上段がオリジナル、下段がサンプリングした曲です。クリックでYouTubeに飛びます。

①    Be Alight / Zapp & Roger






最後に日本のHIPHOPも1曲

蜂と蝶 / Soul Screamが生まれました。


同じメロディーでも全く雰囲気が違う曲に生まれ変わる。

音楽って本当に素晴らしい。これが私がHIPHOPにハマった魅力のひとつです。


HIPHOPに限らず、どんなジャンルでも良い曲は良い!音楽に国境はない!


音楽制作ボーカル・楽器レコーディング、ミキシングやマスタリングのポストプロダクション、じっくり個人練習したい方、音楽レッスン、ライブ前のウォーミングアップなど、音楽スタジオGoldilocks Playroomまでお気軽にお問い合わせください!


Goldilocks Playroom

是非ご来店ください。 www.goldilocksplayroom.com



閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page